どうして母の日は始まった?

こんにちは!箱根湘南美味しんぼ倶楽部、三浦です!

前回ご紹介した母の日ギフトキャンペーンに引き続き
世界中でもポピュラーなイベント、「母の日
でもそもそもいつから行われているのか、いろいろと調べてみました!

 


1914年にアメリカで「母の日」制定

 

母の日の始まり:箱根湘南美味しんぼ倶楽部

そもそも日本の母の日の起源と言われているのがアメリカ。もとはアメリカで110年ほど前にアンナ・ジャービスさんという女性が亡くなったお母さんを追悼するために5月10日にお母さんが好きだったカーネーションを教会で配ったのが始まりとされています。これをきっかけに、ウェストヴァージニア州の知事が『5月第二日曜日を母の日にする』と宣言をしアメリカでも広まっていきました!

 

日本の母の日は、明治末期頃が始まり

 

日本の母の日の始まり:箱根湘南美味しんぼ倶楽部

日本で初めて母の日のイベントが行われたのが明治末期頃。アメリカから伝わった「母の日」は1915年(大正4年)には日本でもお祝いとして行事化され、民衆にも広まっていったそうです。

 

母の日、フリーメッセージ受け付けます!:箱根湘南美味しんぼ倶楽部

「お母さんにありがとう」、、、心で思っていても実際に口に出すと恥ずかしいですよね。箱根湘南美味しんぼ倶楽部では、お客様のメッセージをそのままお届けできるメッセージカードをご用意しております!すべての商品にお付けできます♪定型文ではなく、お客様の言葉をそのままメッセージカード化できますので、ぜひお母さんへご自身のお言葉をお伝えくださいね◎

箱根湘南美味しんぼ倶楽部商品一覧はこちら

 

 

実は、100年ほどの歴史である「母の日」
なんだか昔からあるようで、実は最近始まった文化なんですね。。。!

次回は「なぜ赤いカーネーションなのか?」についてもご紹介!おすすめ商品も随時ご紹介していきます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました