【父の日】なんで黄色いバラを贈る?

箱根湘南美味しんぼ倶楽部、三浦です!

父の日は6月21日、もうすぐですね!
なぜ黄色いバラ送るのかご存知ですか?
父の日についてご紹介◎


 

父の日といえば「黄色いバラ」

父の日のシンボル「黄色いバラ」:箱根湘南美味しんぼ倶楽部

 

もともと先に母の日が習慣付き、その後母の日にならって、アメリカのドット夫人が習慣を作ったとされています。ドット夫人の亡くなったお父様の墓前に白いバラを供えたことが大きく由来しているといわれており、そこから現在のバラを贈る習慣に繋がりました。

その後、日本にも風習が伝わり現在に至ります。
また「黄色」という色については、1980年頃に行われた父の日黄色いリボンキャンペーンが大きく関わっているとされています。家庭への愛・尊敬などを表す色として使用されており、父の日のシンボルフラワーとして定着しました。

 

 

お父さんへの言葉をメッセージカードで◎

父の日ギフトを贈ろう:箱根湘南美味しんぼ倶楽部

当店では、母の日同様、父の日でもフリーメッセージ対応しております!定型文ではなく、お客様のメッセージをご記入いただけます♪お父さんへ、直接だと照れくさいけど、メッセージカードで感謝と労いの言葉を贈りませんか?連名も可能です!

また、のしもございます◎どちらをお選びいただいても黄色いバラ(造花)をお付けして、包装紙でのラッピングにてお届けいたします。

なかなか気軽に会いに行けないからこそ、今年は郵送で気持ちを届けませんか?

湘南美味しんぼ倶楽部 商品一覧はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました